営業職は自由度が高いけれど就労時間が長い

営業職未経験の人に言いたいことは、「営業職は就労時間自体は長いよー」ということですね。合間合間に自分の用事を足すことができるのも、営業職のメリットのひとつではあると思うんです。ですから、営業職のパパなんかは、仕事の合間に子どもの参観日に行ったりなんかもしています。

ただし、そのような中抜けができるのは、あくまで「仕事が入っていない時間帯に限り」という前提条件はつきますけれどね。営業職だけではなく、どのような仕事でもそうでしょうけれど、ガッツリと時間指定で仕事が入っている場合は、そりゃあ中抜けなんてできませんよ。

けれども営業職のメリットを取り上げていうのでしたら、営業職の場合はフレックスになっているケースが多いですから、夜に用事が入っていたとしても、日中は自由に動くことができたりもしますからね。ただ、それでも携帯電話は常に出られるようにしておく必要がありますし、実質働いていないようなものでも、やっぱり就労時間自体は長いと言わざるを得ないかも知れません。