会社経営における人材活用

コンサルタントに教えてもらったのですが、会社経営における三要素といえば、資金、技術、人材があげられます。三要素の中で最も重要なのは人材です。今も人手不足で困っている会社がありますが、これからは人口減少社会になるので、もっと人材が集まりにくくなることが予想されます。 社員を募集する場合によく問題になるのが、募集要項の内容と実際に入社した時の待遇や仕事の内容が異なって、社員が不満を抱えて退社するケースがあります。優秀な人材を採用したいのは分かりますが、実務に即した内容を提示し、面接に際してもよく話し合って誤解が生じないようにしたほうが良いでしょう。

 

社員に働きやすい環境を提供し、やる気を引き出す雰囲気作りも大切です。最近は働き改革ということで、労働時間や休日のことが盛んに取り上げられていますが、それ以上に重要なことは、経営者や上司のほうから率先して社員とコミニュケーションを取ることです。簡単なことのようでなかなか出来ないのですが、経営者や上司のほうから明るく元気な挨拶をすることから始められたらどうでしょうか。職場の雰囲気は良くなることはあっても、悪くなることはありません。 事業の発展には提案制度の採用を勧めます。直ぐにものになる提案は出てこないかもしれません。日頃の仕事をしている中で、改善点や不都合なことが出て来ます。それを解決する延長線上に新しい事業の種が見つかるかもしれません。提案を出しやすいムード作りが求められます。