法人営業で顧客を開拓する方法には無料MAツールの活用などさまざまな方法がありますが、顧客の中でも、長く取引をしてくれるような、そんな良い顧客を開拓するためには、いくつかコツがあるといえるでしょう。
まず、良質の顧客を獲得するためには、ただ単に営業回りをするだけではなく、その会社の誰かと仲良くなると言うことが必要です。
自分が信頼されれば、相手も自分に対して失礼なことはしないことが多いです。また商品にそれほど魅力を感じなくても、信頼関係があればそれだけ長く顧客として購入をしてくれることが多いです。
このため、自分自身が信頼されるように努力をする必要があります。
また、良質な顧客を獲得する方法として、以前担当していた人に話を聞くという方法があります。
たとえば、担当しているエリアは、前に請け負っていた社員がいるはずです。この人に、どういった顧客がいたかを聞いてみると良いでしょう。一度離れてしまった顧客でも、また良顧客となってくれる可能性は高いです。

勘違いしている人々も多いようなのですが、営業には種類が存在していて、個人のお客様を相手にする個人営業、法人を相手にする法人営業があります。

私は後者の営業職についていました。個人営業を少しだけ経験していたこともあって、比較してみると業務の幅は広がったような気がしますが、制約が大きくなった気がします。

具体的には個人営業ではその場でこの商品を何個販売するという風に当事者間で決めることが出来ますが、法人営業ともなるとそうはいきません。

会社の都合によって取引の仕方や個数なども決められてしまうので自分でどうにかしたくてもどうにもできないということが多々ありました。
これが唯一感じた法人営業の息苦しさです。

さらに、やっぱり法人営業の方が覚えることが多いです。
名刺をどのように渡すだとかどのように販売するかというのを自社で戦略を練ったりなど、綿密な会議が行われていた点も個人とは少し違う点でしょうか。
いずれにしても、やりがいがあった仕事なのは事実ですし、成績に応じた金額も頂いていたので満足です。

PR|工務店向け集客ノウハウショッピングカートオーディオ四季の童話集内職 アルバイトマッサージのリアル口コミ.comJALカード童話健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣お小遣いNET生命保険の選び方お家の見直ししま専科